鎌思堂


鎌思堂(鎌倉彫)


職人:矢沢光広

700年以上の歴史を持つ鎌倉彫。
木をロクロなどで器の形に削りだした木地に、刀で文様を彫り込む。
彫りの陰影を美しく見せるために、漆にマコモという植物の粉を混ぜて仕上げるのが鎌倉彫の特徴だ。

彫りが特徴のひとつであるが、矢沢は文様を彫る事は滅多に無い。

日常で使いやすい器の形を追求し、器のカタチをつくるために刀を手にする。

矢沢の器は鎌倉彫特有の派手さはなく、むしろ生活空間に馴染む形と色彩だ。

鎌思堂(けんしどう)には矢沢の手がけた器が数多く展示されている。
日常づかいの鎌倉の器はここにある。


鎌思堂(神奈川 鎌倉)


鎌思堂(けんしどう)
住所:神奈川県鎌倉市常盤620
JR鎌倉駅西口を出て鎌倉市役所前からバスに乗車。
八雲神社前(約5分)で下車、徒歩1分。
駐車場:2台
営業時間:10時30分~17時30分(木・日休み)
電話:0467-32-1471

arvre商品 お取り扱い

・銀彩器シリーズ

訪問について

職人訪問:要予約
店舗訪問:予約不要

※職人訪問をご希望の方は、予約が必要です。訪問は無料です。
お手数ですが、下記より訪問希望日時をご連絡ください。
店舗訪問は定休日以外は予約なしで訪問できます。