組紐ブレスレット(三重巻)


三重巻組紐ブレスレット
(龍工房)


“日本最高峰の組紐職人”

東京・日本橋を拠点にする東京くみひもの老舗、龍工房。
東京都伝統工芸士に認定されている当主福田隆氏と息子の福田隆太氏を中心とする組紐工房で、創業は昭和38 年(1963 年)ながら、それ以前から120 余年に渡って本物の組紐作りに取り組んできた日本最高峰の職人だ。

“親子で伝統を継承”

着物の帯締めや帯揚げに組紐は使われるが、組紐作りには丸台・角台・綾竹台・高台といった専用台が使われ、一般的に組紐職人は一人一種類の組み台の技法を習得するにとどまるが、隆氏はそのすべての台を極め、あらゆる組に精通する。

さらに隆太氏は、父であり師である隆氏から技と精神を受け継ぐと同時に、さらなる向上心で新分野にも挑戦。ボールペンやベルトなど、新しい時代、新しい世代に伝統文化をつなぐべく進化を続けている。

龍工房の組紐とは

龍工房の帯締めは皇族をはじめ、歌舞伎界や茶道界などで愛用されるほど格式高いものだが、福田隆、福田隆太 親子は身近に組紐を使ってもらいたいという想いで、この「組紐ブレスレット」を創りだした。

組紐ブレスレットは「藤四つ組」といって糸玉を4玉使用して、角台という台で組み上げる技法を用いてつくられている。角台において、四つ組を組むことは、シンプルな組み方だけに技量の差が出やすいが、龍工房は、この四つ組を得意としている。一目一目の組み目を揃え均一に組むことができ、なおかつ美しい撚(よ)りを出す技術に長けているのが龍工房の組紐の特徴だ。

アルヴォリオリジナル

今回は、龍工房に特別に依頼し「濃紺(勝色)」「紺」「ターコイズ」「ピンク」の4色をアルヴォリ限定のカラーとして制作して頂いた。
この4色に加えて「白」と「グレー」の計6色をオンラインショップで販売しております。

シックな濃紺、明るいピンク、ターコイズなどと金糸の組み合わせ、ファッションのアクセントとして組紐を気軽に身につけて頂きたい。
絹で組み上げられたブレスレットの肌触りの良さ、絹のしなやかさを感じて欲しい、身近でありながら、技術が詰まった逸品。

アルヴォリ限定カラー(4色)

通常カラー(2色)


商品詳細


■素材:組紐/正絹100%(※金糸を除く)、留め具/真鍮
■サイズ:55cm
■重量:約10g
■生産国:日本

オンラインショップでご購入頂けます。

「作り手」
■東京くみひも 株式会社龍工房 福田隆福田隆太
龍工房の帯締めは皇族をはじめ、歌舞伎界や茶道界などから愛されている。
「帯締め」だけでなく、現代、そして未来に組紐を使い続けてもらうための商品づくりに日々チャレンジしている。

【ご注意】
※絹糸の染色加工の性質上、水や汗、摩擦による色移り、色落ちすることがございますのでご注意ください。
※水洗い、ドライクリーニングはお避けください。
※強い力がかかりますと留め具と組紐を繋ぐパーツが外れる可能性がありますので、ご注意ください。
※金属アレルギーのある方はご使用をお控えください。
※長時間水につけてしまうと紐が緩んで金具から外れてしまう恐れがあります