ままごと漆器


ままごと漆器
(山中漆器)


“もっとも身近な工芸品を”

山中漆器の職人である木下富雄は、コンピューターソフトのエンジニアを経てから、漆器づくりを学び、独立した経歴を持つ。

地元の愛知県を飛び出し、日本一の轆轤(ろくろ)挽きの産地として有名な石川県山中温泉の地で活動を始めた情熱と優しさの両面を持つ漆器職人さん。

漆器づくりは分業が主流となるなか、木下は轆轤による木地づくりから、漆塗りまで、一貫して漆器の製作を手掛けている。

「ままごと漆器」に想いを込めて

「ままごと漆器」には、漆器や伝統工芸をもっと身近に感じて欲しい、漆器が持つ暖かさや肌触りの良さを小さい時から感じて育って欲しいという、木下の願いが込められています。

「ままごと漆器」について

漆器をもっと身近に、もっと多くの人に慣れ親しんでもらいたい。
その想いから生まれたのが「ままごと漆器」です。

漆は日本では古来よりコーティング剤として使われてきました。
漆が塗られた食器は丈夫で長持ちします。
だから、おもちゃとして思いっきり遊んでもらっても大丈夫。

漆器を使った遊びのなかで、食事の作法や所作も自然と身につくように、重さや形状にもこだわりました。

ままごと漆器が世代を越えて受け継がれ、漆器の文化、日本の食文化も受け継がれますように。
そんな願いを込めて「ままごと漆器」をお届けします。

ままごと漆器の内容

食器は和食の基本スタイルである一汁三菜用のセットとなっております。
収納箱はお櫃になっております。蓋はお盆になります。
箸、スプーン、しゃもじが付属しております。

拭き漆について

漆を塗っては拭き取る作業を何度も繰り返す、拭き漆。木目の美しさを活かした技法です。
拭き漆でしか味わえない天然木の風合いが楽しめます。

収納について

紅白の化粧箱に入れてお届けいたします。
お櫃として使える桶の中に綺麗に収まる食器の形状になっておりますので、お片付けも学ぶことができます。

カラーバリエーション

通常の赤色に加えて他の色(茶、緑、黄、紫)も特注で対応しております。
ご希望の方はお問合せください。

山中漆器について

石川県が有する3つの漆器産地「木地の山中」「塗りの輪島」「蒔絵の金沢」。
ままごと漆器は、漆器の木地をつくる技術が長けた、山中漆器の職人の手で作られています。


商品詳細


「ままごと漆器」
■表面塗装:漆(皿、器、お櫃)、ウレタン(箸、スプーン、しゃもじ)
■素地の種類:天然木(皿、器、箸、スプーン、しゃもじ)、紙(お櫃)
■本体サイズ:縦 約180ミリ、横 約180ミリ、高さ 約175ミリ
■本体重量:約1kg

オンラインショップでご購入いただけます。

「漆器の上手な使い方」
一、太陽光にさらしておくこと、湿度の高い状況下におくことは、避けてください。
二、新しい漆器のにおいが気になる場合は、風通しの良い所に数日間置いてください。
三、油や指紋がついた場合には、やわらかい布や紙で拭き取ってください。

「お使いいただく上でのご注意」
一、体質により、ごくまれに塗料でかぶれることがあります。
二、食器としてお使い頂く場合、使用後はできるだけ早く洗い、やわらかい布で拭いてください。
三、洗浄される場合、タワシ、みがき粉、食器洗い乾燥機のご使用はお避けください。
四、お櫃の材質は紙となっております。長時間、水につけることはお避けください。
五、電子レンジ、オーブン等での使用はしないでください。

「作り手」
■山中漆器 木下富雄
漆器づくりは分業が主流となるなか、木下は木地づくりから
漆塗りまで、一貫して漆器の製作を手がけています。